niou_s70_01

大阪の役・夏、最後のミッションは、九尾の狐と豊臣秀頼が同時に
襲い掛かってくる難易度の高いものになっています。
装備、レベルとも一定以上でないと、難易度が更に跳ね上がります。

キャラクターの強化・装備など

ここは、体力3500以上、防具は神器165LV以上+9以上、
武器も神器170程度+10以上で挑みたいところです。
スキル習得の近接武器強化も必要で、5段階以上。

仁王_20171005105814

ちなみに上がクリア時のステータスです。
守護霊は朱雀+アトラスベアを選択しました。
これは、火属性と雷属性への属性耐性を少しでも高めようという狙いです。



攻略方法

先に倒すのは「九尾の狐」になる。
理由としては次の3点。
1.大きな隙のある攻撃があること。
2.「豊臣秀頼」をロックして戦っていると、「九尾の狐」を
視界に捉えるのが難しいこと。
3.「九尾の狐」は守護霊攻撃を当てやすく、短時間で大ダメージを
与えやすいこと。

立ち回り方針

「九尾の狐」を中距離に捉える。
一部の攻撃以外は、ダッシュでなく回避で対応できる。
魔石を使って九十九ゲージを溜め、攻撃の隙に接近して、九十九武器発動。
これで大ダメージを与える。

MAPはほぼ正方形なので、このMAPの端近くを移動し、中心方向に二体のボスを
置いて、二体が常に画面内に収まるように立ち回る。
移動方向は一方向にせず、左右に変えて、画面内に敵が収まるよう調整する。

攻撃のチャンスは、「九尾の狐」が大きなスキのある近接攻撃をして来た時。
回復その他、アイテムの使用タイミングは、「豊臣秀頼」が二刀を使ってない時。

注意点:足を止めないこと。止まると、2体のボスが遠距離攻撃で狙ってくる。
片方の攻撃を受けた時に、もう一方の攻撃が追い打ちで当たり、ピンチに。

九尾の狐行動パターン

こちらが接近すると、ジャンプして飛びかかってくる。
niou_s70_02

尻尾を地面に突き立てる(密接してしまうとこれが来る。)
niou_s70_11

中距離でしかけてくる回転攻撃。
niou_s70_03
この攻撃が当たるか当たらないかという距離をキープして立ち回る。
慣れてきたら、回転攻撃を回避して2発までは攻撃できる。
ただし、2発殴ると、九尾の狐の反撃を回避しなくてはならない。
niou_s70_07


九尾の狐は、近距離では、攻撃パターンは3通りあって
・尾でのサマーソルト
・飛び掛かり攻撃
・前足で引っ掻く、から振り向いて尾で打ち据えてくるコンボ。
を使ってくる。

九尾の狐の攻撃については、こちらの座標を狙う精度が高く、
九尾が攻撃を見てから、タイミングを合わせて回避する必要がある。
早すぎると、回避を追尾して攻撃をしてくるので避けられない。

中距離では、2本の腕(尾)を左右に広げるような動作をしたら
要注意。ここから大ダメージとなる掴みコンボ攻撃をしてくる。
niou_s70_04

この動作が見えたら、後方へ回避。
タイミングが的確なら前方回避でも大丈夫だが、失敗すると。

niou_s70_12

捕まって>齧られて>地面に叩きつける、3コンボダメージがあり、
装備にもよるが3000オーバーのダメージとなる。

回避が成功すると、こちらがスキルなどで連続攻撃(3~4発)を入れ、
距離を開く余裕がある。
九尾はこの攻撃動作を終えると、全身を震わせて、雄叫びをするので、
最もスキのある瞬間で、ここを狙って大ダメージを入れていく。

慣れてくると攻撃を誘えるようになるが、中距離では岩石投げもあるので
niou_s70_10

注意して立ち回りたい。
この岩を投げる攻撃も、中距離の間合いに入ると、素早いモーションで
仕掛けてくるので、中距離では九尾の腕を良く見ておく。

遠距離では2つのパターンがある。
niou_s70_05

地面に尾を突き立てると、尾から光の波が押し寄せてくる。
この光の波は、波と波の間に隙間があり、ダッシュで全てを大きく
躱すか、この間に入ることで対処可能だ。
niou_s70_06

ただし、この攻撃を回避しているときでも、「豊臣秀頼」から炎の刃や
雷の刃を飛ばす攻撃が来ることがあるので、油断しないこと。
niou_s70_15

秀頼が二刀モードのときは、炎、雷と続いてくることが多く、MAPの
端まで届く攻撃なので、避けなければならない。
九尾影から、秀頼のこの攻撃が来ることもあり、非常に嫌らしい。

そして、違う属性二つの攻撃なので、混沌やられ、になりやすい。

もうひとつの九尾の遠距離攻撃は。

niou_s70_09

尾をすべて立てて、狐火を連続で放ってくる攻撃。
この狐火は弾速がとても速く、1発でもガードすると、連続でガード
してしまう事に。命中してしまうと連続で命中し、ほぼ落命する。

よって、この攻撃だけはダッシュで振り切る。
ダッシュで移動する時の注意としては、一方向にダッシュすると
豊臣秀頼が画面外になってしまい、思わぬ攻撃を受けること。

豊臣秀頼行動パターン

秀頼は、刀のみの場合、

niou_s70_16

この光弾を放つ攻撃と、振りかぶって炎の衝撃波を出す攻撃。

niou_s70_17

を出してくるが、いずれも中距離までしか射程が無い。
よって、アイテムを使うのは、秀頼が二刀でないタイミングが好ましい。

遠距離に逃げてしまえば、九尾の遠距離攻撃だけを警戒していれば良いからだ。

逆に九尾を倒した後、秀頼と戦う際、刀の場合は、こうした中距離攻撃を
回避と同時に接近して、攻撃する。
niou_s70_18

というのも、普通に相手の攻撃を防御や回避して反撃すると、
秀頼の返し技や、左手が白く光った後すぐ来る掴み攻撃が怖い。
niou_s70_21

秀頼単体になったら、刀の中距離攻撃や二刀の刃を飛ばす攻撃を
中距離で誘って、回避から秀頼に接近して、1~2発殴り、また
離れるというのが良さそうだ。

niou_s70_20

もう一つ秀頼のスキがある攻撃が、このジャンプ攻撃。
引きつけて回避して、背後からダメージを入れていく。

最後に秀頼の体力が25%を切ると、二刀の刃を飛ばす攻撃が、
連続で一方向に刃を放つように変化する。

niou_s70_22

狙いは正確でなくなるので、秀頼の正面で足を止めなければ問題ない。
運悪く巻き込まれると、落命の危険がある。
ここまで来て落命は避けたいので、慎重に行きたいところだ。

ワンポイント

自分の腕に自信が無い場合は、アイテム使用タイミングで魔石を使い、
九十九ゲージをフルにし、九十九武器を発動して攻撃を繰り返し、
九尾をなるべく早く倒してしまうのが良い。

秀頼単体になっても油断せず、九十九ゲージをフルにしておき、
ピンチになったら九十九武器を発動してダメージを無効化し、
無敵を利用して仙薬などで回復して体勢を立てなおしていく。

ボス2体という難関ミッションだが、画面端を移動しながら
丁寧に遠距離攻撃を回避していれば、まず、ダメージを負わない。
ピンチになったら、距離を空けて回避に徹し、回復、反撃の機会を
待てば時間はかかるけれど、クリアは可能だ。
niou_s70_23


遂に、全てのサムライの道ミッションをコンプリートしました。
当ブログでの仁王エントリも70回!になりました。