niou_s68_00

サブミッション「三途の冥銭」は黄泉の国に入った六文銭との戦い。
真田十勇士から猿飛佐助を含めて5人、そして真田信繁との対決。
三度目となる真田との対決ですが、かなり攻撃力が上がっています。

神器160~170台、+4~7ぐらいの防具では一撃1000オーバーの
ダメージを貰うことも。
ここからはレベル220のブログ主にはちょっとキツイ感じでした。

niou_s68_01

海野六郎、刀を使い、時折弓を撃ってきます。
図のように障害物を挟んで立ち、追いかけてきた相手を槍の強攻撃、
つまり突きで攻撃してダメージを与えていく、パターンハメです。

相手が障害物の影から出てきたら突き、と同時に、移動や回避を使い
相手から遠ざかるように移動します。
障害物の周囲をグルグル周りながら攻撃するイメージです。


niou_s68_02

次は三好清海入道ですが、この突進してくる攻撃は突きでパターンに
入れていても、要注意。回避で距離を空けて、突進が止まるのを待ちます。

niou_s68_03

次に霧隠才蔵が出てきますが、彼が一番、埋火で吹き飛ばしやすいです。
なので、ここは埋火でサクサク倒してしまいます。

ダウンの取れる守護霊を憑けているなら、守護霊召喚符や九十九符でダウンを
取ってもいいです。
守護霊攻撃なら、他の十勇士でもダウンを取れる可能性はあります。


niou_s68_04

次が大太刀使いの三好伊三入道なんですが、大きく振りかぶって、
地面に叩きつける攻撃はかなり危険なので、この動作を見たら即、
後方に回避したほうが良いです。

大太刀は、こちらの槍のリーチが長い優位があまり無いので注意。
パターンハメは通用しますが、安心していると一気に大ダメージの
攻撃が来る相手で、注意が必要です。

niou_s68_05

いよいよ、佐助が来ますが、佐助もパターンハメで倒せます。
ただ、上のSSのように、佐助が地面を滑ってきたら、
障害物に張り付くなどして佐助から隠れましょう。

これは掴み攻撃の前兆で、回避失敗すると
niou_s68_06

見事、空中に打ち出されます。

また、佐助は旋棍に毒や麻痺、炎などの属性をまとってくる時があります。
特に危険なのは炎のとき、攻撃の終わりに炎を出す動作です。

niou_s68_07

佐助が両手の旋棍を前に突き出すような動作をした時は、爆発と炎を
こちらに放ってくるので、注意。

niou_s68_08

佐助を倒せば、最後に真田幸村が登場します。
このMAPに一本だけある木と窪地の周辺で戦います。

niou_s68_09

幸村は頻繁にジャンプ攻撃をしてきますが、上のSSのように引きつけて
回避し、背後を取ってダメージを入れていくのが効果的です。

地上では、相変わらずの怒涛の連続攻撃が来ますので、先程の木を
挟んで極力、攻撃を受けないようにします。

幸村の気力が切れそうになったら、攻撃すると有効なのはここでも
変わりません。
niou_s68_10

さて、何故この窪地近くで戦うかというと、幸村の体力が50%以上
に減ると、琵琶牧々がこの地点に現れる。
そして、血刀塚が一斉に反応し始めるのです。

その為、不思議と血刀塚の無い、このエリアで戦うことで死狂が現れるのを
防ぐ意味あります(血刀塚については、この場所でも避けられないかも)

niou_s68_11

幸村の体力が25%以下になると、もう一度琵琶牧々の増援が来ます。

一気にいけるようなら、琵琶牧々無視で幸村を撃破してしまいましょう。
琵琶牧々と鬼火は幸村が倒れると消えます。