アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第38回の内容は、サブミッション「ふたつの影」

今回は、流石にブログ主のプレイスキルではクリア不可能かと思いました。
なんとか武技「朧」を使いこなして、ギリギリ、グダグダでクリアです。

ふたつの影

服部半蔵とお勝、忍者2人同時。
見た瞬間から、ムリーと感じるアクション苦手殺しのミッション。

「彼岸の逢瀬」 と同じく、フィールドには隠れるところもないし、無駄に広い。
服部半蔵を先に倒して、そのあとお勝を倒す。
作戦としてはそうなんですが、この二人を引き離すのには苦労します。

絶対ではないですが、お勝の高速移動攻撃を回避した後、一気にダッシュ。
半蔵だけがプレイヤーを追ってくるという状況を作ります。

フィールドの端と端のような距離感ならば、20秒程度、お勝を引き離しておけます。
これを利用して、半蔵から3~4回ダウンを取り、なる早で半蔵に退場してもらいます。

刀だと武技「朧」+「朧弐」 が有効。
成功すれば、必ずダウンを取ることができ、追い打ちもほぼ確定です。
他の武器や武技でも、ダウンを取れたり、一気に大ダメージを与えればOK。

アクション苦手な方にとっては(私含め)武技を使いこなすことが難しいです。
しかし、このミッションでは複数敵とガチでやり合うので、火力が高いことが必須。

お勝だけになれば、メインミッションでも倒してますし、なんとかなると思います。
ただし、メインミッションや道場の試練の時と違い、フィールドが広い。
そのため、お勝の連続攻撃が終わる時(=気力が切れかかる時) に追い詰め切れない。

同じお勝ですが、やや手強いと思います。
なんとか近距離の戦いに持ち込み、追い詰めていきたいところです。

参考動画(3分)


 【クリア時の状況】
按針のレベル:124
守護霊(アストラベア) のレベル:27
使用武器:刀
使用アイテム:護身符、金剛符、変わり身の術、目潰し、遅鈍符、仙薬、マキビシ、埋火