アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第33回の内容は、メインミッション「女王の目」。
  目次
 

メインミッション「女王の目」

三浦按針は船に乗り、ウイリアムとしてロンドンに戻ります。
近江編の拠点の社で十分に準備してから開始しましょう。
ロンドンには社が無いため、守護霊の付け替えや忍術、呪文の支度ができません。

今回のストーリーの締めくくりであると共に、DLCへの導線になっています。

ルート

一番最初のロンドンマップに戻ってきました。niou_s33_01

スタート時から真っすぐ進んで、最初の建物の中に入ります。
下のSSの場所についたら、忘れずに地下で処刑人デリックを倒しましょう。
(クリアには関係ないかもしれません。)
niou_s33_02

2番目の建物に入って登っていくと、やはりアムリタを祀っている祭壇が
ありますので、そこがボス前のリトライポイントになります。

2番目の建物に入ったのと別の螺旋階段で1フロア降りるとボス方面の
(通路になります。兵隊が2名配置されている長い廊下)
そこを進んでさらに1フロア降りると下のSSの場所に。
niou_s33_03

この場所にあるカプセルからは、妖鬼が合計2体、出てきます。
また、画面奥の次の部屋からは、ケリーのクローンが合計3体出現します。

ケリークローンは、ボスで出てきたケリーとほぼ同じ攻撃手段を持ってます。
そのため、奥の部屋に突入して同時に相手するのはキケンです。

この部屋に入ると落命するか敵を全滅させるまで戻れません。
ただし、敵を全滅させてからボスで落命しても敵は復活しません。

まず妖鬼の出現するカプセルを、この部屋で割ります。
妖鬼2体を倒してから、奥の部屋に入り、ケリークローンを出現させます。
(妖鬼を放置して先に進むと、5体もの敵を同時に相手にすることに)

1体ケリークローンが出たら、一撃だけ攻撃して、上のSSの部屋に戻ります。
ケリークローンを誘導して、上のSSの按針が居るあたりで戦います。

ケリークローンは時間がたつと、2体目、3体目と出てきます。
なるべく1体づつ、誘導して倒して行きます。

敵を全滅させたら、奥の扉から階段を登ればボス戦に突入です。

トップへ


ボス「百目」

ボス正面にいると掴み攻撃がきます。
これが、一番イタイ攻撃で、後はなんとかなります。

またボスは浮遊する目玉を召喚してきますが、この時、ボスを攻撃すると
九十九ゲージの溜まりが早いように思います。

九十九ゲージを溜めて、九十九武器発動で殴っていけば楽勝です。
ゲージのない状態で開始しても、ボス中に九十九武器2回使えました。

参考動画(2分30~40秒)


トップへ


クリア後について

クリアすると大量のアムリタが取得できます。
3~4レベル上げられる感じです。

日本のマップに戻り、全体マップで「サムライの道」(いままでの難易度)と
「強者の道」というハードモードの切り替えが可能になります。

また社に「守護霊覚醒」というメニューが追加され、守護霊もアムリタでレベルアップします。

ハードモードでは、メインミッション「魔王の城」クリア後から出現している、
神器クラス(緑文字)の武器が出現、強化できます。

クリア後の逢魔が時ミッションでも神器武器が入手可能。
(サムライの道、強者の道どちらのモードの逢魔が時ミッションでも良い)

ハードモードはキャラの強化、武器、防具の強化などを目的としたやり込み要素。
ここで強化した武器、防具でノーマルである「サムライの道」をプレイすると無双状態に。

2017年3月24日に無料で高難易度追加サブミッションが10本追加されました。

シーズンpassを購入、もしくはシーズンpass込みのセット購入していれば、
5月2日にDLC「東北の龍」(伊達政宗)の配信が予定されています。

また今後も「義の後継者」(真田幸村)「元和偃武(げんなえんぶ)」(徳川)
といったDLCが予定。

関ヶ原後から大阪冬の陣、夏の陣を元に
新たな仁王のストーリーが紡がれることが予測されます。

トップへ