アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第32回の内容は、メインミッション「魔王耀変」
目次
 

近江編メインミッション「魔王耀変」

ルート

BlogPaint
スタート地点、A方向に進みます。
Bはショートカット開通後に使える扉があります。

A方向に進んでいくと、道中、建物がありますが、アイテム回収以外
中に入る意味がありません。

下のSSの場所まで登ってくると、瘴気の塊から一つ目鬼、妖鬼が現れます。
敵を全滅させて、瘴気を晴らしたらAのあたりの木箱を壊し、B方面へ。
岩の橋を渡って降りていきます。

BlogPaint


降りていくと、下のSSの場所へ。
A方面がルートですが、Bを降りていき、スタート地点へショートカット開通。
C方面はアイテム回収のみとなります。

BlogPaint

上のSS、A方面の扉を開くと、登りになりアムリタ妖鬼がいる広場。
崩れた城壁を登って、城壁の中を進む。
城壁から出たら、石垣をハシゴで登っていく。

そうすると下のSSの場所に出ます。
また瘴気の塊があり、一つ目鬼、烏天狗、大入道などが現れます。
niou_s32_04

ここを突破して登っていきますが、途中。
niou_s32_05
上のSSの場所を回って、さきほどハシゴを登った方面へショートカット開通。
niou_s32_06
倒せる木があるので、倒して開通しておくと良いと思います。
今回はリトライ時に瘴気の塊が復活している感じです。

木を倒したら、もとに戻って下のSSの場所を目指します。
niou_s32_07

この奥の扉を守っている瘴気の塊から出てくる敵を全滅すればOK。
ミッション前半のマップはここで終了です。

扉を開いて登ると、城の本丸に到着。
下のSS、社がある場所の奥に、ボスに向かうエレベーターがあります。
今は登ることができません。

niou_s32_08

この本丸は、この部屋を時計の中心とすると2時、4時、8時、10時の方角に
それぞれ、外に出る扉があります。

また、1Fの空き部屋、地下の宝物庫にアイテムがあるのでまず、アイテム回収。

それから、外に出る扉を開き、それぞれの方角でボスクラスの敵を倒します。
2時(鵺)4時(怨霊鬼)8時(飛縁魔)10時(女郎蜘蛛)

4体のボスを倒すとエレベーターが使えるようになります。

トップへ


ボス「織田信長」「ケリー」&「ヤマタノオロチ」

エレベーターを登り、最初に扉を開くとボス「織田信長」戦に突入です。

信長は守護霊を召喚する度に、属性変化、使う技を変えてきます。
属性ごとに他のボスが使っていた技のコピーのような技を使ってきます。

基本的には、プレイヤーに突撃して切りかかってくる。
高速移動で間合いを詰めてくる。
といった、プレイヤーに対する直線的な攻撃が多いです。

そのため、一撃目をよく見て回避。
出来たら、ボスの後ろに回り込むという基本的な対処で倒せます。
参考動画(3分弱)



信長を退けると、最後の社があり、そこからケリー&ヤマタノオロチ戦に。
ケリーは倒せば、オロチ戦でリトライになってもケリーは復活しません。
(親切設計!)

ケリーは、近距離に怖い攻撃が揃っているタイプのボスです。
そのため、攻撃をかわして一撃入れたら、すぐ離れて様子を見るが重要。

近距離で避けたいのは、ワープからの掴み攻撃で、この攻撃は吸血効果あり。
こちらのダメージの2倍近くケリーが回復してしまいます。

ただケリーは気力が尽きるのが早く、ダウンや致命を入れることができます。

ケリーを倒すと、ヤマタノオロチ戦に突入。城の屋根に強制移動します。

最初は画面両側に結晶が立っていて、移動が限られています。
1本目の首が出てくるので、こいつを倒すついでに、オロチの攻撃パターンを
覚えましょう。

オロチは、食いつき(突撃)、浴びせ倒し(薙ぎ払い)、火炎放射が基本。
ここに首の属性ごとに火炎弾などの遠距離武器が付く感じです。
どの攻撃も、それほど早くはなくカメラにおさえめていれば避けられます。

遠距離武器のダメージもそこそこで、集中して何発も当たらなければ落命しません。

1本目を倒すと、2・3本目が出現します。
2本目を倒すと、画面両側の結晶が倒れ、画面に入ったオロチの首から攻撃が来ます。

しかし、ここで慌てず、3本目を倒します。
さらに、フィールドに立っている結晶を飛び道具からの遮蔽物に使いオロチに接近。

5本の首が並んでいるので、左右の端に位置する首から、4本目、5本目を倒します。
5本の首からすべて攻撃を受けてしまうので、奥でなく手前から倒して行きます。

残り3本になったところで、オロチの攻撃がこちらに届きにくくなります。
ここで、6本目、7本目に大筒、銃、弓などをフルに活用してダメージを与えて倒します。

残り1本目になれば、撃破したも同然です。

参考動画(6~7分ケリー戦、オロチ戦連続。)



トップへ


ワンポイント

マップ前半では、NPCとして半蔵、お勝が助けてくれます。
そのため、かなりの大型ザコが湧いてきますが、楽です。

ただ、半蔵、お勝に上手に動いてもらうためには、プレイヤーが
ダッシュで敵に向かい、一度に1~2体の敵を出現させます。

半蔵、お勝のいる方に敵を誘導する感じで戦うと楽です。
逆に、半蔵、お勝が乱入する感じになると、敵を一度に呼び覚まします。

こうなると思わぬ落命に繋がるので注意。

ボスにかんしては、信長、ケリーは思ったほど強くない感じです。
もうラストなので、こちらの装備が良くなっていてダメージが低いのも原因かと。

ヤマタノオロチ戦も、何をすれば良いかが解ればという感じ。
初見殺しな感じも少しありますが、アクション得意な方なら初見クリアできるレベル。

このミッションをクリアするとエンドクレジットが流れるムービーが始まります。
仁王の物語は関ヶ原の合戦前夜から始まって、関ヶ原、石田三成の敗走まで。

これで今回の物語の大筋は終わったということなんでしょうね。
そしてエピローグとして、按針=ウィリアムはロンドンに戻ります。
ロンドンから始まった物語は、ロンドンに戻る。

ストーリー的にも、プレイヤーの期待を王道で応える。
やはり老舗メーカー光栄の血でしょうね。
最近、悪い方に期待を裏切るコンテンツが多い中、好感が持てます。

トップへ