アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第30回の内容は、メインミッション「佐和山のサムライ」
目次
 

メインミッション「佐和山のサムライ」

ルート

niou_s29_01
今回も、かなり入り組んだマップになっています。
上のSS、妖鬼がいるところの奥、ぬりかべが居ます。
あえて、行く必要はありませんが。

BlogPaint

上のSS、奥の矢印の方向にルートがある。
Bは穴が開いていて進めず、Aの扉からいくことになる。

奥に進むと下のSSの場所があるが、通り過ぎないように。
箱やタルを壊して、矢印の方向に進む。
BlogPaint

そうすると2番目の社を見つけることができる。
下のSSの場所から扉を開いて先に進む。
niou_s29_09

次のSSの場所に出る。右のロウソクが立っている階段を下がるのが
ルートだが、周囲を探索して、ショートカット開通しておくとよい。
niou_s29_10

降りていくと、下のSSの場所になり、画面奥の扉を開いて地下に。

niou_s29_11

地下に出たら、下のSSの分かれ道がある。
BlogPaint
地面に倒れた白い羽織の武者が目印で、ここから矢印の方向に進む。
下のSSの場所にたどり着けば、やっとマップ後半になる。
niou_s29_13

ここから現れる一つ目鬼を倒すと、「鍵束」が手に入る。
下のSSの螺旋階段を見つけたら、もう少しでゴール。

niou_s29_14

階段の途中から、通路に進み、敵を倒しつつ進んでいく。
下のSSまで行きつけば、ボスまであと少し。
niou_s29_16

瘴気から現れる一つ目鬼を倒して、3番目の社を解放しよう。
3番目の社を解放したら、ここを拠点に周囲の部屋を順番に探索。

周囲の部屋への扉は、この社がある部屋からは開かない。
全ての扉を解放して、奥に進めば、ボスの部屋に降りる階段に着く。

トップへ


ボス「漆黒のサムライ」

斧と刀を切り替えてくるボス。
斧を使っている時に、ジャンプ切りをすることがある。
この動作の後は、安全に攻撃を入れられる。

ボスのHPが50%を切ると、武器をチェンジする動作が追加。
斧と刀を交互に使う。

刀の時は高速の居合切りを仕掛けてくるが、そのあとに攻撃できる。
斧の動きに目がなれてしまうこともあり、刀の動きが早く感じる。

またボスが守護霊を呼んでいる時は、近づくとジャンプ切り。
こんどは、ボスを中心に電撃が走るので、距離を離すこと。

斧のスキの大きい攻撃の時に、背中に回り込み、1~2発を繰り返すだけで
勝てる。慎重にいくなら、刀の時はあまり手を出さず斧に戻るのを待つ。

守護霊を呼ぶときに立ち止まるので、ここで愚鈍符などのアイテムを使うと良い。

参考動画(3分程度)


トップへ


ワンポイント

niou_s29_03

このマップの恐ろしい点は、落ちたら落命するような穴が開いていること。
落ちて落命しなくても、地下マップにいかされます。

下のSSですが、アイテムを取りに奥に進むと、床が落ちます。
落ちた後見てみたら、確かにヒンジがついていて開くの分かりますが。
初見時は床に金具がついてるのなんて、気が付かない!
niou_s29_04

ここで紹介している場所の他にも、ポッカリと床が無いところが
結構あるので、落ちないように注意して下さい。

結構長いルート歩いて、スタート地点近くにもどることに・・・。

マップ後半になって手に入る「鍵束」ですが。
niou_s29_05
上のSSの場所とか。(中に木霊)

niou_s29_07

こんな場所とか、鍵で開く場所はあります。
探索にもどる根性と時間がある方は、まわってみると良いでしょう。

ブログ主は探索あきらめました。
全体的にマップが暗く、ショートカット開通はしたのに。
戻るのが面倒くさくなってしまいました。

まあ、仕掛け床で地下に落とされた時は、ゲンナリしました。
忘れたころにやってくれます。
仁王やっぱり良ゲーだわ。

トップへ