アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第20回の内容は、メインミッション「彼岸への想い」
  目次
 



東海編メインミッション「彼岸への想い」


ワンポイント

渓谷を進む前半パートと、寺の後半パートがある。
前半パートは2ルートあり、最後は寺に続く。

全体的に狭い通路が多く、二刀、鎖鎌などが使いやすい。

道中、丸岩が置いてあるところは転がして敵を倒せる。
(敵が勝手にころがしてくれることもある)
が、ルートのとり方によっては自分が岩に潰されることも。

トップへ


ルート

BlogPaint
スタート後、最初の分かれ道。
Aのルートは、一度上り道となるが、あとは渓谷下りのルート。
今回はこちらのルートで進む。

Bは後でどこに繋がるか説明する。

Aのルートを進み、妖鬼(刀)が丸岩の前にいるところを進むと滝壺に出る。
下のSSでCの滝裏から進んでいこう。

Dはアイテムが配置してあるので、行けるように錯覚する。
手前のアイテムを取ったら引き返そう。
BlogPaint

Cから渓谷を下っていくと、下のSSに場所に出る。
E方面は後半マップ。Fは2番めの社へのルートとなる。

BlogPaint

Fのポイントは下のSS。
画面左側のGの木が倒せて、道になる。

H方面に進むと大入道が岩をころがして来るポイントに。

BlogPaint

Hの道を登ったら、下のSSの畑が見えてくるので、そちらへ向かう。
画面奥の瘴気の向こうに、2番めの社がある。
一ツ目入道が出現するが、うまくすり抜けるて社でセーブ。
niou_s19_05

その後は、寺へと続くEのルートに戻る。
ちなみに、スタート地点からBルートを取ると、この畑に到着する。

Eのルートで寺の門を開くと、正面に三葉葵紋の扉があるが、開かない。
その隣の建物も、正面扉は開くが、中に三葉葵の扉。

今はスルーして、下のSS、3番目の社に向かう。

BlogPaint

Jのルートが三葉葵の扉を開くためのルートになる。
Iはアイテム回収となり、カラス天狗も出現することから、無理に行かなくてもOK。

Jのルートを進んだら、下のSSの場所へ。
画面左に続く通路、妖鬼(刀)を倒した先に鍵がある。
niou_s19_08

鍵をとったら、3番目の社でセーブ。
寺の門を開けた正面にある三葉葵の扉の先がボス扉になる。

もう1か所はアイテム回収。

トップへ


ボス「鬼女」

ボスの攻撃パターン。

長い爪を活かした近接攻撃。
火炎放射
ダイビングプレス
抱きつき(捕獲攻撃)
地面を掘り返す(爪刺す、岩を飛ばす)

爪はボスに密着していれば当たらない。
ここで地面を掘るような動作や抱きつきをしてきたら、回避。

距離が開くと、ダイビングプレスや火炎放射してくるが見てから対処可能。

地面に彼岸花を咲かせる。
枯れると常世発生。
この流れの時は、移動や回避が阻害されるので注意。

特に、この時、ボスが爪の攻撃で乱舞する。(連続攻撃)
この攻撃は落命率高いので注意。

全体に動きが遅く、ここまでこれたなら苦労しないだろう。
一応、参考動画(3分弱)も。



トップへ