アクション下手によるアクション下手の為の仁王プレイレポート。
第14回の内容は、近畿編メインミッション「零れ落つ雪」

目次 
 

メインミッション「零れ落つ雪」


今回のマップは水無月(旧暦五月)の雪に閉ざされた本能寺。

ルート

今回のマップは、建物と通路の1F部分、雪や屋根で出来た2F部分という感じ。
「氷の結晶」で通れない部分があり、「雪の蝶々」が鍵となっている。
niou_s13_01

スタート地点の社から少し進んだあたりの、「1番目の氷の結晶」
いまは壊せないが、鍵となる「雪の蝶々」を壊せば、壊せるように。

この結晶を右手にみて、まっすぐ進み、左手の小屋の中に。
小屋の屋根から降りて進むと、こちら側から開かない扉が見える。

niou_s13_02

右に曲がって、少し進むと右側の雪のくぼみに2番目の社が見える。
しばらくこの社が拠点になるだろう。

niou_s13_03

上のSSを左に進むと、右と正面に反対側から開く門が見える。
いまは無視して、道なりに左。

niou_s13_04

アムリタ妖鬼が襲ってくる場所から道なりにさらに進む。
「2番目の氷の結晶」がある。

ここに進む道中で右に脇道に入り、「雪の蝶々」を壊す。
これで「2番目の氷の結晶」は壊せる。
「1番目の氷の結晶」だけが特殊で後は、結晶の近くに蝶々がいる。

niou_s13_05

「2番目の氷の結晶」を壊し先に進んだら、次の場所から屋根に上れる。

niou_s13_06

一度登って周囲を確認してみると、マップの構造がわかると思う。
上のSSの反対側にもハシゴがかかった場所がある。
亡霊武者(弓)がいるところだ。

その奥にまた「雪の蝶々」がいる。

niou_s13_07

壊したら、近くのハシゴから屋根に上り、次の場所に進んでいく。
これで「1番目の氷の結晶」が壊せるようになる。

「1番目の氷の結晶」から進むと、大きな屋敷があり、ここにも氷の結晶がある。

niou_s13_08

屋敷の中に「3番目の氷の結晶」があるが今は壊せない。

屋敷の中を抜けると、下のSSの場所で扉を開く。
このSSを右に進むと「雪の蝶々」がいてこれを壊す。

niou_s13_09

蝶々がいたところの脇の雪で出来た坂を上り、屋敷の屋根に。
屋敷の屋根の真ん中あたりに空いた穴から下に降りられる。

「3番目の氷の結晶」を壊したら、下のSSの場所に出る。
下のSSは上のSSの場所の画面左上を反対側から見た位置だ。

niou_s13_10

また、按針の背中側には大扉があり、ボス方面になる。
ちなみに、上のSS右に進んだ行き止まりは壊せて通路になる。

上のSS左側を、【左の壁】づたいに進むと「4番目の氷の結晶」。
途中、妖鬼がいる右の通路を進むと、その先に一つ目小僧と一つ目入道がいる。

この奥の通路に入ると屋敷がある。その裏手にハシゴがある。
アムリタ妖鬼がいる場所だ。

そこから登って雪の上を進んでいくと下の方に次のSSの場所が見える。
niou_s13_13

ここで雪の蝶々を壊すと「4番目の氷の結晶」が壊せる。
そして、ボス前のセーブポイントとして使える3番目の社との道が開通する。

今回はボスへ向かうルートにしぼってレポートしている。
面倒なマップなので、屋根の上に登った時、周囲を確認すると良い。

トップへ


ワンポイント

多くの妖鬼が配置されている。
ルートが解ってきたら、スルー推奨。
全部を相手にする必要はない。

マップが面倒で迷いやすい。
ミニマップのガイドをよく見て、壊す氷の結晶を探そう。

トップへ


ボス「雪女」

多彩な攻撃パターンを持つ雪女。

特に中距離~遠距離の飛び道具が強い。

回転する氷の鎌を投げてくる。

氷の弾丸(3~5発)を順番に打ち出してくる。
(順番といっても早く、地面にあたると凍るものも)

氷の弾丸(3発)を3連射してくる。
(3発がこちらの正面と左右に撃ってくる、回避困難)

氷の弾丸を前方に5~6発、ひし形に打ち出し、足元を凍らせる。
凍った足元にはダメージ判定がある。

小刀を抜き、かけ声と共に高速ダッシュ開始、当たると致命。
中距離~遠距離まで届きます。注意!

その他に近接では雪の息を前方直線。薙刀3回振り。
周囲の範囲を凍らせる、近距離全方位に氷の槍。

とにかくガチで戦うなら、近距離によって一撃離脱を。
中距離で戦うとボスの強力な飛び道具に押されまくります。

遠距離武器で狙撃でも戦える。

ボス入り口から入ると左右が広い。
この左右を利用して、超遠距離に間合いを開けて攻撃

入口からの奥行きは広いが、十分ボスの遠距離攻撃の間合いの中である。

なお、目つぶしは必ずセット。
雪女が中距離をゆっくり歩いている時に当てよう。

一応、近距離戦に持ち込む方針で動画を作ってみたので、参考まで。



トップへ