カテゴリ: ステラリス

Intoroduction『2300年代の始まりは平和に満ちた時代であった。 未だアルヴァニアンとの敵対関係は続いていたが、地球連邦は占領地から 優秀なアルヴァニアン人を科学チームに招聘し、艦隊士官として採用したりもした。 政府の要職にでさえ、登用することも検討されていた ...

Intoroduction『2266年5月1日RotaneV星系 友好国ロクスは敵国アルヴァニアと開戦以来、一進一退を続けていた。 地球連邦政府は友好条約に基づき、ここに援兵の派遣を決定した。 地球連邦軍第1宇宙艦隊、駆逐艦3、コルベット14隻。 後に第一次アルヴァニアン戦役と言 ...

Intoroduction『2248年7月5日 アルファ・ケンタウリに人類初の移民船が到着した。新天地に降り立った入植者達は、着陸した移民船から資材を運び出し、移民船は入植基地として動き始めた。3年の月日を費やして建設されたアルファ・ケンタウリ植民地は、異星人ウルハブも入植 ...

Intoroduction『2228年8月11日 Uzayglore星系 地球連邦軍旗艦UNSグレイハウンド「人類の敵はやはり人類。どこかで聞いたような話だな」7隻の艦隊を指揮するラザロヴァ提督はそう呟くと、全艦に攻撃を開始させた。この一戦は栄えある地球連邦艦隊の最初の戦闘だった。宇宙 ...

Intoroduction『2217年、人類は初めて他の知的生命体との接触を果たした。我々とはやや異なる外見を持ちながら、ヒューマノイド型の異星人アルヴァニアン。初の外交通信はトラブルもなく終了した。しかし、彼らの政治体制が直接民主主義でありながら帝国制、覇権主義というの ...

Intoroduction 『調査船ダーウィン号から、異星文明の遺跡を発見したとの報告が届いた。 200年前に人類が発見した異星の宇宙船「遺産」とは異なるようだが、 やはり、遥か以前に滅びた星間国家の名残のようだ。』 探索の時代ステラリスの序盤は、母星の周囲をくまなく探索し ...

Introduction -A.C2200-『1960年代から70年代、アポロ計画は月の裏側で人類誕生以前から眠り続けていた人類以外の知的生命体の宇宙船、偉大なる遺産を発見する。人類は飛躍的な技術を入手すると共に、宇宙に潜む数多の可能性と脅威の存在を察知したのだ。』『それから200年余 ...

おおむね、ゲーム内時間が2250年を超える頃には、周囲の星間国家と接触をして何らかの外交を行っています。政治体制が独裁でも、平等主義が入っていると民主主義とも折り合えるもの。こういう国家が周囲にあると、穏当に国家運営に勤しめます。しかし、一つでも隣接する星間 ...

ステラリスは銀河を舞台に、プレイヤーの選択した種族を繁栄させようという内容。ブログ主はとりあえず、プリセットの国家から民主主義なので地球連邦を選択しています。プリセットされている国家(※1)の内、民主主義でない国家を選ぶと、他の星間国家から外交交渉された ...

2016年にパラドックスインタラクティブが発売した宇宙を舞台にしたストラテジーゲーム。ステラリスをプレイしています。このゲームは星間国家の指導者となって、銀河系に勢力を拡大し、生き残ることが目的です銀河帝国興亡史(ファウンデーション)や銀河英雄伝説、STARW ...

↑このページのトップヘ