mo_12

プレイヤーの拠点となる「アルタの街」、今回は施設利用の注意点を
書いておきます。
親切設計な施設もありますが・・・

執務室


mo_10

子供領主のハインリッヒ様(どう見ても悪役)と微妙な衣装のステラさんが
いるところ。
クエストの依頼を受け、報告(報酬受取り)をする場所ですね。
たまにストーリーが進行します。

序盤のクエストは
「冒険の第一歩」「花の根探し」「調査団の頭痛の種」
「マリーのお願い」「消えた街の人々」「遅れたメッセージの伝達」
をクリアし、霧の森の全てのダンジョンをクリアしていると、
「乱暴になった森の支配者」が出現します。
※難易度「やさしい」だと「落語者のハンター」が出現します。

調査本部

mo_13

キャラクターを雇用できる調査本部ですが、雇用するタイミングは
1 資金に余裕がある。
2 自分の雇用しているキャラと同じ職業で、自分のキャラが持っていないスキルを
持っているキャラがいる。
3 まだ雇用したことのないキャラが出現した※

※ ただし、序盤は1レベルのキャラしか出現しないので、クエストを
4~5個クリアして、調査団支援事務所で調査団を強化してからがオススメ。

訓練所

mo_15

戦闘スキルを強化、習得できる他、ジンクスを修正できる施設。
ですが、この施設がもっとも使用上、注意が必要です。

まず、戦闘スキルの強化・習得はレベルアップで貰えるスキルポイントが
必要で、何をレベルアップさせ、習得するか考えないと中途半端なキャラが
出来てしまうことになります。

また、雇用した時に持っていないスキルは、持っているキャラを生贄にして
継承するシステムなので、スキルを教えてくれたキャラは調査団を去ります。
(つまり解雇扱いになる)
ただ、雇用したばかりのレベル1のキャラからもスキルは習得できるようで、
教える側にスキルポイントは必要ありません。
また、継承する側のスキルが3だったら、3レベルのスキルが継承できるので、
予め、スキルを鍛えるサブキャラを育成して継承すると強いキャラが作れます。

ジンクスの修正ですが、良いジンクスが青、悪いものがオレンジ、
ステータス異常が緑となります。
オレンジを青に修正するのは難しく、ジンクス修正経費は高いので要注意です。
修正結果はランダムなので、ガチャ引く気分で使って下さい(笑)
緑はステータス異常でほっておいても良さそうなものですが、これは修正します。
ジンクスというより、確実に影響が出るマイナス効果なので必要経費と思いましょう。
オレンジのタイプはマイナスの出る条件があり、無理に修正しなくても大丈夫。
プレイヤーの工夫次第で乗り切れると思います。

調査団支援事務所

mo_17

調査団自体を強化します。
調査本部で出現するキャラのレベルが高くなったり、雇用できる人数や
倉庫の容量、カバンの容量、キャラの得る経験値や資金にプラス補正が
かかるものなど、おもにダンジョンのがらくたから発見する本が必要です。
本の必要数はレベルが上がる毎に増えていきます。
本を入手したら、ドンドンあげていきましょう。

倉庫

mo_14

装備やアイテムを格納してある倉庫、キャラクターの装備は主にここで
付け替えると良いでしょう。
ダンジョン出発前に、状況を確認するのに便利。

ショップ

mo_11

消耗品を購入するショップ。
食料や光の種のボッタクリ価格にはびっくりします。
食料だけは常に欠かさず持ちましょう。
光の種については、ダンジョンで回収できたり、花に触れることで
回復しますが、食料はないと厳しい。
ダンジョンの規模が小さいで3個、普通以上は5個もちましょう。


mo_9

奇妙な腹話術を使うステラとその謎のペットがいる錬金術工房。
ダンジョンで得たアイテムの鑑定、武器・防具の合成、分解が可能です。
アイテムに?マークがあるものは、鑑定を行わないと効力を発揮しません。
また、合成はプラス補正を消してしまう場合があるので、「?マークのある
装備:に「?マークが無い装備」を合成するのが基本だと思います。
不要な装備を分解すると合成用アイテムが入手できます。

船着き場

mo_16

ダンジョンに突入する船着き場を選択すると、この画面に。
陣形を整えたり、持っていくアイテムを決めます。
出発は決定ボタン(キー)長押しなので、忘れて出発する方はいない
でしょう。ここは親切設計ですね。

資金が限られるので、雇用や訓練には注意したいところです。
資金のリソース管理を失敗すると、詰んでしまうゲームなので要注意。

また、滅亡の時計が進むからといって、ボス戦(強敵戦)でレベルの低い
キャラクターを使うのはオススメしません。
全滅の要因となることはブログ主が経験済み、ペナルティよりもキャラロスの
ほうが致命的です。
時計の針は、戻すこともできますので、最初のボスは4~5レベルのキャラで
挑むことをオススメします。