mo_cr


久しぶりのエントリは、2019年10月10日発売のローグライクRPG、
ミストオーバーの紹介です。

ミストオーバーの世界観は、公式HPを見ればわかりますが、ざっというと
ファンタジー世界がある日、異世界から侵食されて滅亡しそうになります。
その原因は巨大な竜巻からやってくる異世界の生物や空気(霧)です。
今、世界は滅ぶ一歩手前で止まっていて、その原因となる異界=ダンジョンを
探索し、世界滅亡を止めようとしている、そんな感じ。

どんなゲームなの?

5人のキャラクターでパーティ(調査隊)を編成して、ダンジョンを攻略します。

難易度は、「やさしい」「ふつう」「むずかしい」となっていますが、実際は
ノーマル、ハード、ベリーハードだと思った方が良いと思います。
膨大な時間をかけてコツコツやれる人以外は、「やさしい」でプレイをオススメします。

2D平面のダンジョンを俯瞰視点で攻略していくゲームです。
モンスターのキャラに接触すると、下のようなサイドビューのバトル画面に
なります。バトル自体はターン制で、ゆっくり考える余裕があります。
mo_1

A、B、に「陣形ボーナス」が表示されていますが、パーティーの配置によって
ステータスにボーナスが入ります。

また画面左下のCの欄には、敵味方の行動順が表示されており、結構、戦略性が
高い内容となっています。

キャラクターの攻撃はスキルから行い、MPを消費したり、キャラクター固有の
ポイントを消費します。もちろん、消費がないスキルも1個はあります。

おそろしいことに、バトルでキャラクターのHPがゼロになったら、瀕死になり
そこにダメージが入ったり、回復しないとキャラクターがロストします。

可愛らしいキャラデザインや、声優さん達が細かく声を充てているので雰囲気ライト
中身はガッツリダークなゲームだと思って下さい。

キャラクターに愛着を感じる方は、このゲームがひどく理不尽なものに感じるでしょう。

このゲームが向くのは、「難しいことをクリアすると達成感を感じる!」という方です。
体験版も出ていますので、3300円を払う前に、プレイしてみましょう。
難易度は「やさしい」をオススメします。
また買ってみようと思ったら体験版のセーブデーターは引き継げませんので、あまり長く
体験版をやる必要はありません。

ゲーム全体の流れ

拠点となるアルタの街で

1.執務室(領主の館)で探索クエストを受けます。
  この時、目的地が同じクエストがあったら複数受けてしまいます。
2.調査本部でパーティーメンバーを雇用します。
mo_2

  スタート時は5名なので、これは全員雇いますが、資金が限られているので
  調査団支援事務所で、採用されるキャラのレベルを上げるまでは、
  考えなしに雇わない方が良いかもしれません。
3.倉庫でダンジョンから拾ってきた装備を装着します。
  スタート時はありません。
4.調査団支援事務所では、調査団(プレイヤー)の強化ができます。
  ダンジョンから拾ってきた各種の本が必要です。
5.訓練所では、キャラクターのスキルを強化したり、ジンクスの調整ができます。
  スキルは最初雇用したものだけ、レベルアップできます。
  新たなスキルを開放するには、そのスキルを習得したキャラクターが必要です。
  (スキルを教えてくれたキャラクターは何故か、解雇扱いになりますので、注意。)
  攻略を続けると、キャラクターにジンクスというプラスまたはマイナスの補正が
  かかるので、これを修正できます。(ジンクスの修正は初期1000G必要で、
  ランダムなので、ある程度育成の進んだキャラの矯正に使うもので、はじめのうちは
  資金の無駄なので、止めたほうが良いかも。)

6.ショップで探索用の消耗品を購入します。
mo_3
食料は、小規模から普通のダンジョンでも3~5個は必要です。
無いと、パーティーのHPが減っていき、最悪、餓死します。

種は光源を回復できますが、ダンジョン内の光ってるタンポポみたいな花に
触れれば、光源は回復できますので、あまり多く持たなくでも良いと思います。

ポーションはヒーラーに頼らない緊急回復に使うと良いと思います。
まあ、キャラクターが瀕死になったときはカバンからコイツを使って下さい。

包帯は出血ダメージを治癒させますので、戦闘が終わって2Dマップに戻っても
出血しているようなら使います。

浄化の水はキャラクターのデバフ(不利な修正)を治癒します。
戦闘中もあまりにもデバフを受けたら使うと良いでしょう。
ただ、瀕死のときに使うと即死する可能性があります(未確認)

7.船着き場に入り、突入するダンジョンを決めます。
ダンジョンに突入する前に、持っていくカバンの中身とパーティーの陣形を決めます。
mo_4
持っていくアイテムは、ダンジョンの異界の空気によって汚染されてしまい
使うとマイナスの効果が現れます。
またショップで買い取ってもらえますが、買取価格は25%以下になります。

mo_5
陣形は、レベルが上がるとキャラクター間でシナジー効果が発生し、
陣形によって、特殊なスキルを発動できるようになります。

8.いざ、ダンジョンへ
>mo_6
最初はバトルやダンジョンのチュートリアルを表示させて行くと良いでしょう。
各キャラクターはリーダーとすることで、特殊なスキルを発揮します。
パラディンは障害物を破壊できます(他の方法だとダメージを負う)
ロウニンは一直線上を障害物にぶつかるまで移動でき、ダンジョンMAP埋めに
最適です。
暗殺者は隠れ身を使って不必要なモンスターを回避できます。
※ ダンジョン内で倒すべきなのは、赤い目のモンスターです。灰色や青は
できるだけ避けましょう。
修道女は、歩く時の回復量をあげますが、空腹感も増します。
魔女はワープができ、やはり空腹感と光源を消費しますが、複数のモンスターに
囲まれそうになったら、使うべきでしょう。
mo_7

ダンジョンのMAPはなるべく80%以上を探索することです。
途中でガラクタや、宝箱(箱と同じ鍵が必要です)からアイテムや装備が
入手できます。
宝箱、ガラクタ、モンスターの取得、破壊、討伐はカウントされます。
達成度が低いと、世界の破滅を示す時計が零時に向かいます。
(もし、零時になると世界は壊滅し、セーブデーターはロストします)

mo_8

ダンジョンには、青く光る石版があり、そこから脱出すればクリアです。
クリアするまでに、ダンジョンをくまなく調査しましょう。
ただ、戦闘でもダンジョン探索でも危なくなったら、脱出するのもOKです。
特に、戦闘ではキャラクターが1人ロストしたら、即時撤退を考えましょう。
MAPにしても出口が近くに無かったら脱出コマンドを使うのも致し方ありません。

9.ダンジョンから帰ったら、執務室で探索依頼の結果報告をして報酬を受け取ります。
  「そしてまた、あらたな調査の旅へ」
  プレイヤーのリソースである資金については、クエスト報酬や探索時に獲得できますが
  いつもお金は使い切ってしまわないように注意した方が良いでしょう。
  もし、キャラロストや全滅した時にお金が無いと、完全に詰みます。

ダーケストダンジョン系ゲーム

このゲーム、ダーケストダンジョンにとってもよく似ています。
開発者が参考にしたといっているぐらいですから、間違いありません。

ダーケストダンジョンはパーティーが怪物と戦うと正気を失うというユニークな
ゲームでしたが、この要素がない代わりに、ダンジョン探索を失敗すると
世界の滅亡が早まる、という味付けになっています。

逆に、完璧に探索すると滅亡への時間は伸びていきます。
ダーケストダンジョン同様、とっつきにくい、人を選ぶゲームではありますが、
装備が揃い、スキルが育ってくると、ダーケストダンジョンよりは簡単になりそうです。

ただ、キャラクターが最初から所持しているスキル以外は、他のスキルを持っている
キャラクターがいないと開放できないという縛りがついており、
ダーケストダンジョンまるパクリにしない為に、微妙な縛りがついている感じがします。

陣形によって強力なカットイン攻撃が発生したり、難易度調整はされています。
ダーケストダンジョン好きだった人は、すんなり入れます。

あと、ブログ主は未プレイなんでなんともですが、「世界樹の迷宮」とも似ているし
「不思議のダンジョン系」2D俯瞰MAPなので、コツコツプレイが気にならない方にも
オススメです。

とにかく、興味を持ったら体験版をDLしてみて下さい。
PC(Steam)、PS4、Switchで配信中です。
なお、製品版はDL版が発売されていて3300円、パケ版は後日で5800円だったかな・・・

ということで今回は「ミストオーバー」の紹介でした。
(残念ながら、ダーケストダンジョンほど、完成度の高いゲームではありません)