鬼仏「芦名の底」もしくは「毒だまり」、
芦名の底の獅子猿を倒していれば鬼仏「獅子猿のねぐら」から
水生村を目指すのですが、この辺りで終盤への準備を始めます。
sekiro278

仙峯寺NPCの小太郎に赤白の風車を渡します。
前提条件として、葦名城下 虎口階段のNPC物売りの穴山のイベントが
進み、「葦名の武士が塩を欲しがっている」という話を聞かせてしばらく
時間を起き(鬼仏で休息や、仏渡りをしてきても可)
sekiro282

「手伝いが欲しい」と言い出したら、仙峯寺の鬼仏「金剛山 仙峯寺」近くにいる
小太郎に、手伝いを勧めることができます。
sekiro283

あとで訪ねて、小太郎がお手伝いをしているのを確認します。
(このイベントは、水生村で破戒僧を倒す前に済ませましょう。)

sekiro279

この間に、忍殺忍術「傀儡廻し」を使って、仙峯寺で凧を上げるイベントを済ませます。
傀儡にした敵が凧を上げたら、このまま鬼仏「修験道」へ向かって進み、「修験道」に
進む壊れた橋の近くにあった、巨大な木に鉤縄で登っていきます。
sekiro280

そこから凧を利用して、反対画の崖に到着し、ここからも飛び降りながら連続して鉤縄を
使って移動してきます。


sekiro281

鬼仏「谷落ちの洞窟」に到達しますので、開放。

タイミングによりますが、葦名の底で獅子猿を倒した後のタイミングならば、
崖から出ている1本の柱に向かうと、下には白蛇が見える筈。
sekiro284

忍殺して「生柿」を入手します。(落ち谷で「干し柿」を手にいれましたか?)

sekiro285


ここまで済ませたら、次のMAPへ向かい鬼仏「隠し森」に進みます。
倒しても繰り返し出てくる、亡霊のような雑兵、犬が数多くいる場所です。

sekiro286

鬼仏からスタートしたら、木の上を鉤縄で移動して、仏像とそこで座っている
瀕死のお坊さんから話を聞きます。
目指すは廃寺で、このポイントから右壁沿いのルートを進むと見えてきます。

sekiro287

寺の前を横切り、壁に行き止まったら左に進みます(右側が壁の状態で進む)


sekiro288

このスクショの場所で、鉤縄で上って見ると中ボス「牛飲みの徳次郎」がいるので
倒してしまいます。平田屋敷にいる「うわばみの重蔵」と同じなので攻略法は
省きます。
sekiro289


この徳次郎がいる広場の右壁沿いを進んでいくと崖側から、さっきの廃寺に
到着することができ、廃寺の屋根の上から侵入できますので、
「霧ごもりの貴人」屋根裏から落下忍殺し、@1回は適当に流派技とか
入れておくと簡単に倒せます。
sekiro290

倒すと、霧の幻影が晴れるので、途中端の方にひっそり居る「首なし」にだけ
注意して、ここからアイテムの探索をすると楽です。

アイテム探索が終わったら、廃寺の裏から次の鬼仏「水生村」に向かいます。
鬼仏の近くには供養衆がいます。「まだら紫のまがり瓢箪」「宝鯉の鱗」あたり
を購入しておくと良いと思います。

水生村でいくつかチェックしておくべきところがあります。

sekiro291

まず編みかごを被っている村人がいる民家。
この会話で川向うになりかありそうなことがわかります。


sekiro292

村の中央の池を渡って、反対岸の奥に向かいます。
義手忍具の強化アイテムが入手できますので、敵が多く、面倒くさい
ですが必ず行きましょう。

sekiro297

次に、途中で桜の木があるところでは「瓢箪の種」が入手できます。
ここは地面から敵が湧いてきて、足を取られるので注意。


sekiro293

水生村では村人は倒しても復活してくるので、ある程度スルーしないと終わりません。
水車小屋が見えてきたら次の鬼仏「水車小屋」が。

sekiro294


スルーも可能なのですが、何か身の上話をするNPC「水生のお凛」。
会話が終わったり、会話せずにスルーしようとすると襲ってきます。


sekiro295

素早い連続攻撃が特徴で、こちらが回復しようとすると襲ってくるいやらしさ。
しかし、MAP上にある上のスクショの場所に陣取り、このMAP上の障害物を
うまく使って、ひきつけて殴ったり、自分の回復タイミングを取るなど、
お凛との間になるべく障害物を挟むように位置をとり、お凛が空振りして墓石を
切っていくうちにパターンを掴んで攻撃します。亡霊なので、「神かくし」が有効。

素早い連続攻撃はすべてガードしてしまうと、確実に体幹を削られます。
弾きでうまくやっても、連続攻撃後は下段攻撃が高確率で来ることに注意。
よって、うまくいかない、倒せない場合は、障害物をうまく利用してみましょう。