「カルト達はしばし鎮まるも、祝福など有り得ない。」

ダーケストダンジョンへの3回目の攻撃。
クエスト「獣の腹」です。
ダーケストダンジョンの最深部を攻撃するため、
ローカスビーコンを探し出すというもの。
ローカスビーコンはダーケストダンジョン最深部へのゲートのようです。

今回のダンジョンでは、第2回目の攻撃で登場した、「テンプル・インパイラー」や
「ポリープ」「フレッシュ・ハウンド」「マリナント・クロウス」が出現します。
「テンプル・インパイラー」は前回の特殊攻撃レヴェレーションは使いませんので、
「炎のタリスマンは不用です」

このダンジョンでも、シャベルは使いませんし、どちらかというと薬草もマストでは
無いと思うのですが、最初から荷物に設定されていて削除できません。

ローカスビーコンの場所は、ズバリ次のMAPの中央付近にある盃のアイコンです。
dkt212

何回かトライしましたが、目的のルームの周囲は通路で戦闘になることが多く、
左上のスタート地点から一直線に入ろうとすると、かなり強い敵が出現してきます。

ローカスビーコンは「マンモス・シスト」と「ホワイトセル・ストーク」のパーティに
守られています。
ちなみに、探索途中でこいつらに遭遇したらストレスが増えても逃走したほうが良いです。

dkt213

「マンモス・シスト」は味方単体または2人にブレイジングゲイズという攻撃を
してきます。

dkt215

ほかにも、毒効果をもたらす攻撃をしかけてきます。
HPが158とかなりタフな敵なので、倒すのに苦労します。

dkt216

また、自身のHPを回復させる「再生」でCRIT時は30近く回復!
さらにですね、「ホワイトセル・ストーク」までもが、自身および
「マンモス・シスト」を「再合成」というスキルで回復させてしまいます。

dkt217

もうね、長期戦になるの間違いないって感じのバトルです。
そしてこのバトルを困難なものにしているのは、「ホワイトセル・ストーク」の
使う「テレポート」というスキルで、これが発動するとMAPの端のルームに
強制的にワープ移動させられた上に、敵パーティとの戦闘が待っています。

4回もキャンプできるダンジョンなのですが、この強制ワープ後の戦闘が
終わったらキャンプするのが良いでしょう。

そしてキャンプが終わったら、なるべく一度通った通路やルームを通って
ローカスビーコンのあるルームに戻ります。

このローカスビーコンを守っている「マンモス・シスト」はバトルで減ったHPは
回復しないのが、唯一の救いです。

このワープが怖いので、「ホワイトセル・ストーク」を攻撃するメンバーが一人
必要で、今回は神秘主義者にまかせています。

また、「マンモス・シスト」は出血しやすいので、出血担当でジェスターがいます。
レジストされやすいのですが、入れば効果の高い毒攻撃担当として墓荒らし。

防御と援護として重騎兵を採用しています。

3回目のトライで、ついに「マンモス・シスト」を撃破!
dkt218

までは良かったんですが・・・ここからまさかのテレポート!

dkt219

またもMAPの端に飛ばされて、戻ってくる。
もう、キャンプしても食料とかないから、満足に回復しません。

戻る道中でまず、重騎兵がデスブローをもらい斃れます。
そしてストレスが限界に達した神秘主義者がハートアタックで消滅。
残りは、ジェスターと墓荒らしの2人だけ。

dkt220

今度こそフィナーレを刻むことができて、ついにクリアしました3回目の
クエストを!

*難易度Radiantでの攻略になります。モンスターステータスはDarkestと同じですが、
攻略に参加できるヒーローのレベル制限が緩いなど、難易度が緩和されています。