再度訪れる万全の星廻り。
館は鳴動する宇宙の中心に位置しているのだ。

いよいよ、ダーケストダンジョンそのものに突入します。
ダーケストダンジョンへの第1回目の攻撃。
クエスト「我らは炎」、目的はシャフリング・ホラーの討伐。

dkt189

このダンジョンに登場する「カルティスト・プリースト」は味方2体を
範囲攻撃し、ストレスも同時に与え、さらに追加で出血効果があるという
難敵です。

dkt190

また、外のダンジョンで見かけたようなザコも強化され、ダメージと
ストレスをもたらします。

道中のキャンプは1回のみで、かなり厳しいです。
ボス前までガマンするのも難しく、途中でキャンプすることも考えなくては
ならない始末です。

今回は没落者、フラジラント、神秘主義者、修道女のパーティーで、
攻撃力は申し分ないのですが、ストレス回復手段に乏しく、最終的には全ての
ヒーローがストレスMAXになってしまいます。

ジェスターが領地に2名以上いたら、1名はジェスターにしたほうが良いかも。
また、ペスト医師が入れば出血治療もできます。
dkt191
MAPは左から右の奥の部屋を目指して下さい。
常に、下半分か上半分を進み、上図の行き止まりにボスがいるので、
突入前はスキルの確認とか、聖水を使うとかを忘れずに。

dkt192

ボス、シャフリング・ホラーは「切開」で味方2人を攻撃。
出血効果があります。

dkt193

また、「波動」によって、味方パーティーの列順をランダムに乱して
くるという嫌らしい攻撃をしてきます。
このため、ボス戦ではどのキャラも1~2列目と3~4列目で使える
スキルをセットしておかないと、ひたらすら列移動をすることに。

dkt194

ちょっとした判断ミスから修道女が早々と脱落。
その後は、フラジラントと没落者は自己回復しながら、神秘主義者の
「奈落の大砲」で攻撃していきました。
ただ、ザコのカルティスト・プリーストは倒しても再召喚されてしまうので、
ボスを倒した後から倒すのが良策です。

dkt195

フラジラントの出血攻撃でボスが斃れた頃には、神秘主義者が護衛の
ザコに串刺しにされて、今回の第2の犠牲者となりました。

シャフリング・ホラー、出血耐性が低いので、出血攻撃が弱点っぽいです。

しかし、ボスはいない!
なんとかなるぞ!

dkt196

と思った次には、敵の攻撃でストレスが増え、ハートアタックで没落者が
蒸発してしまい、残りはフラジラント1人に。

dkt197

しかしなんとか「苦行者の拳」によって、何度もデスドアーや
ハートアタックから逃れてきたフラジラントのコーバイザが、ついに
敵を打ち砕き、ダーケストダンジョンへの1回目の攻撃を成功させました。

ダーケストダンジョンはクリアしたメンバーは二度と行きたくないと拒否してきます。

よって、一人だけ生き残った状態ですが、クロスセーブを利用したロールバックはせず、
このクリアをセーブしました。

なお、ダーケストダンジョンをクリアしたメンバーは、駅馬車のヒーローリストの
メンバー制限にカウントされません。

さあ、次は2回目の攻撃((((;゚Д゚))))

*難易度Radiantでの攻略になります。モンスターステータスはDarkestと同じですが、
攻略に参加できるヒーローのレベル制限が緩いなど、難易度が緩和されています。